変動する価値

リビングダイニング

不動産は絶対的な資産として投資の対象になってきましたが、近年は不動産神話が崩壊しつつあります。人口減少化社会を迎えた日本では、新規の住宅着工戸数が人口減少に相反して増加しています。このことにより、中古物件が余るようになっているので資産として購入したはずの不動産の価値が損なわれているのです。また、日本全国で過疎化が深刻な問題にもなっています。仕事を求めて都市部に集まる一極集中化は留まる気配がありません。地方では人口減少に伴い仕事も減少しているので、様々な活性化策を打ち出していますが思うような結果を出すことができていない自治体が大半を占めています。この状況も合いまって、特に地方では不動産価格の下落が続いています。

都市部は不動産価格が高額になりますが、不動産を売却したくても売ることができない人も出ています。住宅が経っている場合、家屋を処分しなければ買い手を見つけることができないからです。この場合の解体費用は売主の負担になることがほとんどなので、不動産を売却しても利益を生み出すことができない、もしくはマイナスになってしまう可能性もあるからです。売却をすると税金も必要になるので、様々な経費を考えると売りたくても売ることができないと言う人が増加しています。 地方では、所有していても維持費がかかるだけなので、無料で譲渡する事例も出ています。高額になる維持管理費を払い続けるなら、誰かに譲る方が得と考えている人が急増しています。