建築士に頼む

LDK

設計事務所に住宅建築を依頼するメリットとしてよりこだわった住宅を建築することができます。設計事務所で住宅を建築する場合設計をこうした事務所で行い施工は別会社ということも珍しくありません。設計事務所の建築士と施工会社とは独立した別の組織の人間なので建築士が施工に関してより施主側の立場にたって監視してくれるというメリットがあります。もちろんすべての設計事務所がそうであるとは限りませんし設計事務所の中には自社で施工まで行ったり施工を行う会社を事前に契約している場合もあります。こうした建築までの仕組みは事前に契約する前に確認して納得して契約することができます。 設計事務所に依頼すると注文住宅の中でも高額な費用が掛かるケースも多いですがより施主の立場に立って家づくりを進めてもらえる建築方法といえます。

建築士は建築士であって現場監督ではありません。設計事務所で住宅を建築した場合施工会社の現場監督や現場監理者とは別に施主目線で現場の監督を建築士にしてもらえるというメリットがよく言われます。しかし建築士の試験では建築の歴史や建築の方法、建物の構造、設計などに関する知識はより深く問われますが現場の施工管理については建築士の範囲外なのです。もちろん長年の経験でこうした管理を得意としている建築士も多く存在しますがすべての建築士が現場監理ができるわけではありません。テレビなどの住宅建築において建築士が現場で支持をしていたりしますがあのような支持を職人に出せるだけの知識や経験を持っている建築士ばかりではないのです。設計はできるけれど現場のおさまりについてはよくわかっていないという人も多くいるので担当の建築士がどの程度どういったスキルがあるのかを判断することも重要です。